千葉で自由葬を考えています。成功させる葬儀のポイントは?

千葉でもここ数年で自由葬についての問い合せが増えているとのデータがあります。

自由葬なら堅苦しさをなくして、より故人を偲びやすくできるからです。

ポイントをお話しましょう。

■故人の素顔をいかにクローズアップできるか。

自由葬は一般の葬儀の式次第にあるような読経や焼香、告別式などといった流れにとらわれず、故人らしい葬儀を第1に考えて行なわれるものです。

故人に特別なライフスタイルや趣味があれば、そこに焦点を当てて深掘りしていくのが成功の秘訣です。

また、たとえば音楽や演奏が大好きだった故人の自由葬であれば、単に音楽にちなんだ式次第ではなく、ご遺族の知らないエピソード、親しい友人でさえ知ることのできなかった故人の素顔などを発表することで、葬儀はより感動的なものになります。

▼話題になった葬儀と言えば…ジャニー喜多川氏の「家族葬」値段は300万円以上か – ライブドアニュース

■奇をてらわず自然な流れと演出の葬儀を。

自由葬だからといって“フリースタイルやオリジナリティ”に固執する必要もないし、一般的な葬儀の式次第を排除する必要もありません。

会葬者の中には、読経や焼香といったものを通じてのほうが故人を偲びやすいという人もいます。

無理をせず奇をてらわず、葬儀スタイルの新旧を取り混ぜて行なう例もあります。

■千葉ならではの自然や名所、あるいは故人と地元千葉の因縁深いエピソードなども、プログラムに盛り込みましょう。

もっとも分かりやすいのは、故人が千葉出身であれば、出身校や出身地域でのエピソードを盛り込んでストーリー仕立てのエピソードを作ることです。

故人とのつながりが深い友人や知人の力を借りて、時間があれば創作ビデオを作るのも良い思い出になります。

いろいろな角度から故人らしい葬儀を演出しましょう。