千葉で火葬式を行ないます。火葬式にお別れの時間はありますか?

千葉など首都圏に隣接した都市では、火葬式の件数が増えてニーズの多様化が顕著です。

昔とは違った火葬式の姿がそこにあります。

■火葬式の需要が増して内容も多彩に。

埼玉や千葉など首都圏に隣接した都市では、独居されている方の葬儀や、ご遺族が近くにいても葬儀の時間が取れない方など、さまざまな事情から火葬式(直葬式)を望む件数も増加しています。

昔の直葬式は簡単な祭壇がある程度でお別れの時間もごく限られたものでしたが、最近では需要の増加にともなって火葬式の内容も充実してきました。

たとえば同じ火葬式でも、お別れの時間について事前にリクエストができるものや、棺の中の飾り付けをより豪華にできるものなどです。

■火葬式だから質素だとは限らない。

葬儀のニーズが多様化し、画一化したスタイルや決め事ですすめられていた時代と違って、千葉でも“火葬式だから要望は出せない”ということはなくなりました。

むしろ火葬式を筆頭に小さな規模の葬儀に焦点が移り、葬儀社はどんなスタイルを提案していくかに的が絞られています。

少なくてもお別れの時間は十分にあります。

■「火葬式だから直葬式だから」という遠慮は不要です。

リクエストがあれば前例のないようなことでも相談してみましょう。

たとえば火葬式だけれど、お別れの時間を2時間にして欲しいとか、故人が好きだった歌を流して欲しい、火葬式と家族葬の中間のようなスタイルの葬儀にできないかなどでも構いません。

千葉に限らず、過去にこのような要望から、新しい葬儀プランが生まれた事例はいくつもあります。

【ピックアップ】https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59211