千葉で執り行う葬儀場の選択。成功と失敗の分岐点はどこに?

千葉に限らず、葬儀を成功させるかどうかのカギは葬儀場の選び方にポイントがあります。

具体的にどのような選択が賢明か一例を紹介します。

■葬儀を成功させる式場選びの5ポイント。

質問にある葬儀場の選択の“成功と失敗の分岐点”という意味が、少し漠然としていて回答しにくいですが、葬儀場選びのコツは①会葬者の人数(規模)を把握する、②会葬者の年齢層を把握する、③葬儀場の場所を決める、④規模と予算を決める、⑤親族室・控室、設備・仕様を決めるといった項目にあります。

この中でとくに大事なのが、会葬者の年齢層によって葬儀場の場所を工夫することにあります。

■わかりやすい最寄り駅&タクシーの有効活用。

“会葬者の年齢層によって葬儀場の場所を工夫する”とは、たとえば会葬者の人数が全体の2割前後となった場合には、誰もが分かりやすい千葉の駅を葬儀場の最寄り駅とします。

単純に言えばJR千葉駅などです。

駅は大きくターミナルになりますが、支線ではないので乗り換えが少なく、駅からはタクシー便を使えます。

葬儀当日は駅前に送迎車をスタンバイさせましょう。

結果的に歩く距離が少なく、スムーズに来場できます。

■小さな子どもや障害のある方が葬儀に参列される場合は、あらかじめ葬儀会館の担当者に申し出ておきましょう。

駅近の葬儀場は一見して理想的ではありますが、たとえ5分程度でも子どもや障害者・高齢者には負担が重いものです。

その点でも送迎車を前提にした会場選びのほうが親切です。

車椅子の用意などは、会館の係員に申し出ておきましょう。