バイク買取に車検は関係あるのか

バイクを売ろうと思ったとき、気になるのは「車検」。

兄もバイクを売る前に車検のことを気にしていました。

噂や思い込みで車検が残っているほうが査定額がアップする!そう考えている人はいませんか?

しかし、実際にバイク買取に車検は関係なく、査定額にほとんど影響しないのです。

バイク査定した際にスタッフさんから聞いたんですが、車検が『2年』残っている場合、2万円程度査定がアップし、『1年未満』であればほとんど影響しないそうです。

アップしてもほんの数千円程度になることがある、かもしれないといったところです。

これらの理由はバイクの車検自体が2万5千円程度で出来てしまうからなのです。

バイク買取を行うさいは車検の残りに関係なく買い取りしてもらいましょう。

手放す時期として頃合なのは車検が切れる頃ですが、査定が増えると思い車検が1年残っているうちに売ってしまほうと思うのは適切ではないと言えます。

車検が切れているバイクを売ろうと思ったとき、車検が切れていると売れないと思ってしまい、車検を通してからバイク買取依頼を出してしまう人もいるのですが、車検の有無は査定額に影響しないので、車検を新しく通したとしても増えません。

ですので、車検が切れていてもそのままバイク買取査定に出すことができます。

むしろ、車検が切れそう・切れているバイクは売るタイミングとしては適しています。

例外として、車検が残っているバイクで売値を高くすることが出来る可能性があるのはオークション等を利用した個人売買です。

ただし、個人売買となると廃車手続きや名義変更の面倒な手続きを全て自分でしなくてはいけませんし、面識のない人との個人間での売買はトラブルがおきるリスクが高くなりますのでおすすめは出来ません。

これに対しバイク買取業者ですと手続きも行ってくれますし、売り手個人と新しいバイクの乗り手との間にトラブルも起きませんのでバイク買取業者に依頼をするのが適切でしょう。