バイクを売る時に必要な書類と保険、税金はどうなる?

バイクを売ることになったら、手続き上必要な書類があります。

どんな書類が必要なのかを知っておかないと、うまく名義変更ができない場合がありますので注意してください。

バイク売却時に必要な書類をご紹介しておきましょう。

【売却の時に必要な書類とは】

バイクを売る時に必要な書類は、本人確認書類、登録書類(車検証、標識交付証明書、軽自動車証明書等)、自賠責保険、委任状、譲渡証です。

これと認印が必要ですね。

ネットオークションやフリマアプリ、友人など個人売買の時は書類に不備が無いように注意しましょう。

バイク買取業者に買い取ってもらうなら、認印と本人確認書類だけで良いところがほとんどです。

他の手続きは無料で代行してくれます。

【個人売買で注意すること】

バイク買取業者ではなく、友人、知人にバイクを譲渡することもあるでしょう。

その時に注意しておきたいのは、自分の名義のまま乗り続けられることです。

個人売買の場合は、各種変更手続きを双方で行わなければなりません。

変更手続きがされていないと、いつまでも税金が請求されることになります。

また、名義変更されないまま交通違反や事故があった場合、所有者責任が問われることがあります。

個人売買する時は、廃車登録を行い、バイクと廃車証明書を用意してから売却するようにしましょう。

【バイク買取業者なら安心】

バイク買取業者にバイクを買い取ってもらうのであれば、いつまでも名義変更がされていないなどのトラブルは起こりません。

手続きはきちんと行ってくれますので、専門業者に買い取りしてもらった方が安心と言えるでしょう。